中古車流通でのトラブル

故障車

トラブルの原因

自動車は耐久消費財として経年劣化は避けられないものです。ただし、定期的なメンテナンスにより、安全性を保つことは可能です。新車の場合、メーカー保証が設定されており、ディーラー等で正しくメンテナンスが行われていれば、安心して乗れます。問題は中古車です。中古車は、耐久性への懸念が持たれます。とくに走行距離が伸びている車両や事故車です。事故車の場合、どの部分が事故損傷しているかによって耐久性への懸念度は変わってきます。エンジン回りや足回り、フレーム部分に損傷が至っている場合、耐久性への懸念は高くなります。事故車の中で修復されて販売される車両があります。事故車には耐久性へのデメリットがありながら、販売価格が安いというメリットがあり、あえてこれを購入する人もおられます。現在、事故損傷での修復歴がある車両は「修復歴あり」という表記をすることが義務となっています。事故車と理解してお値打ちに購入していればよいのですが、問題となるのは事故歴を伏せて販売する車両です。中古車販売での修復歴とは、フレーム構造を修復せず、板金やパーツ取り換えで済む修理に関しては修復歴にはなりません。ドアやバンパーのように交換が可能な部分は取り換え及び板金塗装が施されていても修復歴なしとして販売されています。中長期の使用で塗装に変化が出てくることがあり、車検や板金に出した際にはじめて修理されていることを知ったという人も多いです。中古車購入を検討する際には整備記録簿や修理歴の確認を怠らないようにしましょう。