快適な車中泊

キャンピングカー

中古という選択肢

快適な車中泊を行うために特化したものがキャンピングカーです。キャンピングカーといっても、いくつかの種類があり、ひとつはトラックの荷台部分にキャビンを設置したものと、ワンボックスの後部座席を改造したものです。前者はキャブコンと呼ばれるもので車高が高いため快適な空間が確保されています。後者はバンコンと呼ばれキャビン空間は限られますが、バンサイズなので取り回しが楽といったそれぞれにメリットとデメリットがあります。いずれのキャンピングカーも既存の車両を改造しているためその分の費用が掛かるため高価です。特にキャブコンはキャビンを一から作るので、車両価格と同じぐらい、またはそれ以上の費用を掛けている場合があります。このため新車で購入するには最低でも500万円程度は必要です。近年は軽自動車を使ったものもありますが、エンジンが非力であるため可能であれば、普通乗用車以上であることが快適に移動するためには好ましいものです。このためキャンピングカーを購入するさいの選択肢として中古車を選ぶ人も多いですが、走行距離などに注意する必要があります。千葉にも中古キャンピングカーを扱っているお店は多くありますが、千葉に限らず、もともとキャンピングカーの需要はそれほど高くないため選べるのは限られます。新車であれば自由に自分は思う車を手に入れることができますが中古車では制限されます。また千葉に居住し千葉以外の業者からキャンピングカーを買うのも注意が必要です。可能であれば近くのお店で購入した方がアフターフォローや車検を受けるさいに、遠くのお店まで行かなくて済むメリットがあります。